エアレスタイヤ「TWEEL」
IT/テック

パンクと無縁な夢のタイヤが普及に向け急発進

世界初のエアレスタイヤ量産工場

ミシュランがこのエアレスタイヤのアイディアを発表したのは2005年に遡る。その後改良を続け、いよいよ2014年11月20日、製品名「MICHELIN X TWEEL Airless Radial Tire」(以降TWEELと呼ぶ)として米サウスカロライナ州ピエモントに、量産用の専用工場を開設することを発表した。

エアレスタイヤである「TWEEL」は、空気が無いので釘が刺さったところでパンクしないし、耐久寿命も従来のタイヤの3倍だとしている。

そのため、寿命が延びた分、古タイヤの廃材問題の改善にも貢献できると言う。

まずは農業用トラクターや工事用作業車用といった用途からの実用化から始められるが、まだ乗用車用の製品については発表されていない。

釘を踏んでもパンクしない

今回量産される「TWEEL」は、スチール製センター・ハブからポリレジン樹脂製のスポークが放射状に広がった形状だ。

「TWEEL」は空気が入っていないとはいえ、ちゃんと障害物に合わせて柔軟に変形する。

衝撃も吸収