チェーンやタイヤも好みの色で
IT/テック

Cocci Pedaleのおしゃれ自転車が世界を変える

自分好みの自転車をカスタマイズしてから注文

Cocci Pedale」は新しい自転車ブランドで、クラウドファンディングサービスの「READYFOR?」で事前予約を開始している。

「Cocci Pedale」代表の勝俣俊二氏は語る。

日本で走っている自転車のほとんどが、安価で海外で作られ消耗品のごとく扱われています。そんな世の中を変えられれば、物を大切にする気持ち、日本のモノづくりを再確認でき、それらを強く発信できると思っています(READYFOR?より引用)。

そのような思いで立ち上げた「Cocci Pedale」では、ウェブ上で購入者が自分の好みのカスタマイズをシミュレーションした上で、自転車を注文できる仕組みを採用している。

カスタマイズ画面

そこでフレームやハンドル、チェーンまでを含めた約20パーツの色を自由に組み合わせて好みのカラーリングが施された自転車をデザインできる。

その組み合わせはほぼ無限大だ(勝俣氏によれば263000000000000000000000通り)。

色の選択

つまり、世界で恐らく一つの自転車ができあがるということだ。

自転車の構造は、カラーリングが生えるように、極力シンプルなデザインになっている。

拘りのシンプルなデザイン

しかも国内で製造するにもかかわらず、4万3千円と意外に安い。

「Cocci Pedale」には若手の自転車技術者やデザイナー、マーケッターなどが集まり、2013年初旬から理想的な街乗り自転車のあり方を調査してきたという。

その拘りの一部を見てみよう。