チェーンやタイヤも好みの色で
IT/テック

Cocci Pedaleのおしゃれ自転車が世界を変える

拘りの物作り

「Cocci Pedale」が提供する自転車は、極力シンプルなフレーム形状であり、コード類も目立たない配置にするなど細かな部分にまで拘っている。

そしてカラーリングは20箇所のパーツそれぞれに14色前後の色が組み合わせられるように用意されており、本体の塗装はメタリック調となる。

ハンドルは4種類の形状から選ぶ事ができる。

選べるハンドルの形状

ブレーキの配置や配線の仕方も美しく見える様に配慮されている。例えば後輪のブレーキが自転車のシルエットを崩さないように、通常の位置ではなく、ペダルに近い位置に配置されているのだ。

ブレーキの位置

スポークへの拘りも強い。本数は37本以上は重すぎ、35本以下は美しくないとの理由から36本に決められた。しかも前輪は0-CROSSで後輪は3-CROSSと張り方も変えてある。

また、ギアもシンプルで美しいことを優先してシングルギアにしてあるが、坂道を上る際の実用性も備えるために内装式3段ギアもオプションで用意されている。

しかもシフトレバーも邪魔に見えないようなシンプルでクラシカルな形状にしてある。