IT/テック

仮想現実デバイスで視覚障害者が見る世界を再現

様々な視覚障害を再現できる

映像をOculus riftで再生するためのレンダリングには、VRプレーヤーを使用する。VRプレーヤーは、HLSLを使ったさまざまな映像効果に対応しているので、色覚障害や緑内障、白内障、糖尿病による網膜障害、加齢黄斑変性などの特有の見えかたを再現するフィルターを使って、映像を作り出すことができる。それもキーボードの操作で簡単に切り替えられる。

SIMVIZ03

こういった装置を活用することで、インターフェイスは視覚障害者にとって、これまで以上に見やすいものにすることが可能だ。

実際の見えかたは下の動画で見ることができる。

*参照:Eelke Folmer -SIMVIZ: Simulation of Visual Impairments using a See-through Display –