IT/テック

大気中から水を作り出す!電力すら使わない「竹の塔」が出現

水問題の解決は遠いが

『Warka Water』が供給する1日50~100リットルの水は、我々の感覚だと少なめだが、飲み水に限定すればかなりの人を助けることができる。

そうはいっても、エチオピアで安全な水を得られない人々は6,000万人もいるというから、水問題の解決は容易ではない。

それでも『Warka Water』に張られた布製の天蓋が作る影は、まるで『Warka』の木のように人々を強い日射しから守りつつ、安全な水を供給し続けることができるのだ。

 

【関連記事】

※ 太陽の力で浄水できるこの装置なら、水不足と戦える

※ インドネシアを「LEDランタン」で照らすパナソニックの挑戦

※ 手の平サイズの洗濯機!? 「超音波」で洗うからデリケートな服にも

※ たったの3秒でモバイル11台分!手のひらサイズの燃料電池が登場

※ 東京五輪の選手村が「水素タウン」になることは正しい選択なのか

【参考・画像】

※ Warka Water – Kickstarter