IT/テック

ドローン専用のエアポート!? 配送システムが大きく変わるかも

ドローンエアポートとは

ヘリポートのようにドローンが着陸するとそこでワイヤレス充電を行うことができ、またそこから飛び立つことが可能。コンセプトでは『パックマン』のように開閉するカプセル型のヘリポートにドローンを格納することができる。

着陸はGPRSと発信機を使い全自動で行われるため、操縦者が神経をすり減らすこともない。もっとも、応用を考えると飛行自体も全自動、つまりオートパイロットで行われる本来の意味でのドローン(ロボットを意味する言葉)が前提なので心配無用だろう。

 

配送用エレベータとの連携

興味深いのは、このドローンエアポートはエレベーターと連携することで屋上と部屋を行き来できる点だ。

狭い飲食店でメニューを2Fへ運ぶのに使うエレベーターを連想するとわかりやすいが、屋上に着陸したドローンはエレベーターを使い部屋の中へ移動して荷物を配送することが可能となる。

AmazonやDHLなどの企業がドローン配送の実験をはじめようとしているが、このドローンエアポートと配送用エレベーターがあれば一戸建てだけではなく、都市部の高層ビルであっても配送が可能となる。むろん配送用エレベーターが屋内にある必要はなく、後付けで窓の外側に付けても十分機能するはずだ。

droneairports-by-joe-sardo-and-federico-bruni3

 

ニューヨークの古いマンションは非常用階段が外側についていおり、それがひとつの特徴的な景観となっているが、このドローンエアポートと外付け配送用エレベーターが普及すると、そういった景観のひとつになるかも知れない。

考えてみれば、電車や船、飛行機にしても、駅・港・空港といったものがあって初めて機能する。これまでドローン単体に着目しがちだったが、ドローンをとりまく周辺環境、インフラ整備にも今後注目していきたい。

 

【関連記事】

※ ドローンのカメラ性能を5つ比較してみた

※ ついに発表!「ドローンの正しい飛ばし方」が判明

※ 医療のウェアラブル化で「心臓」がなくても帰宅できる

※ テスラに続きトヨタも「特許を開放」した理由

※ 3Dプリントで作ったクルマが発売!? EVでしかも時速80km出るらしい

【参考・画像】

※ Droneairports  – Tuvie