IT/テック

紙じゃないから!これはクシャクシャにできる変幻自在なバッテリー

クシャクシャにできる柔軟なバッテリー

一見するとただの紙のようだが、この紙のようなものこそがバッテリーだというから驚きだ。

このバッテリーはJENAX社が開発したフレキシブル・バッテリー『J.Flex』というもので、メタルファイバーの技術を使ったリチウムイオン二次電池となっている。

なんと約10万回の屈曲に耐える作りで、四角、三角、丸、星型など様々な形に加工が可能だという。

さらにこの『J.Flex』は、様々な形状に変形させて使用できるだけではなく、その容量も魅力の一つで、従来のスマートウォッチで使われてるバッテリーと同じサイズで約6倍の容量を確保できるそうだ。

ここまで革新的だと安全性が尚更心配になるが、市販のリチウムイオン電池などで行われている“釘刺し試験法”にも合格しているので、電池が膨らんだり熱くなったりすることもないという。

JFlex2

 

デバイスはどう変わっていくか

『J.Flex』のようなバッテリーが本格的に採用されれば、従来の製品にはないような耐久性を持つ製品が作れるので、携帯したり身に付けたりするウェアラブルデバイスのデザインの幅がさらに広がっていくことだろう。

現在『J.Flex』は導入先の企業を探している段階のようだが、アメリカ・ラスベガスで行われた『CES2015』でも発表され注目を集めていたので、すぐに動きは出てくるだろう。

 

【関連記事】

※ 充電と保護もコレひとつ!デバイスを管理するバックパック

※ たったの3秒でモバイル11台分!手のひらサイズの燃料電池が登場

※ 「やわらかい電池」を使えばベルトがモバイルバッテリーになる

※ 待ってました2倍速!世界一高度なスマホの「充電ケーブル」

※ 自分自身の「目」で位置を把握するドローン

【参考・画像】

※ Jenax