IT/テック

これはクセになりそう!セグウェイより機動性が良さそうな「電動一輪車」

簡単に乗りこなせる電動一輪車

『Ninebot One』はサドルのない一輪車にカバーを付けて、電動にしたような乗り物だ。ペダルの代わりに足乗せ台が飛び出している。

Ninebot One

ただそれだけであれば、そう簡単には乗れないちょっとマニアックな乗り物となってしまうが、この『Ninebot One』には最新の自動バランス制御機能が搭載されているので、誰でもすぐに乗りこなせるのだという。

わずか2時間でフル充電でき、走行可能距離は最長約30km。しかも最高時速は20km/hなので、十分疾走感を感じられそうだ。重量は12.8kgだが、上部にはリフティングハンドルが格納されており、必要な時に引き出せるので持ち運びも容易だ。

自動バランス制御機能があるので、慣れてくれば階段を下りたり、段差をジャンプして乗り越えたりすることもできるようになる。また、重心の移動で前進・後進が切り替えられるので、アクロバティックな乗りこなしも楽しめそうだ。ペイロードも約120kgというから、かなり大柄な人でも問題なく乗れるだろう。

オプションでLEDライトや補助輪が付けられるので、少々かっこわるいが、上手く乗れない場合はこのオプションの補助輪を試してみるのもいいかもしれない。

Ninebot One_オプション

専用アプリでスマートフォンと連動させれば、走行距離や速度・時間などを確認できるだけでなく、遠隔で『Ninebot One』をロックすることもできる。

外観の色や模様はカラーキットでユーザーが自由に交換することができるので、好きな外観を楽しむことができる。また、本体の側面にリング状の電飾があり、発光の仕方をカスタマイズして楽しめる。

Ninebot One_カラーバリエーション