IT/テック

ToDoリストやメールなど「大事なもの全て」を知らせてくれる置物

置き時計のようにシンプルな自己管理ツール

『DISPLIO』は指先でつまめるほど小さな箱形のディスプレイで、サイズは6.3×8.2×2.8cmだ。

この小さな箱にはE-Inkで表示するディスプレイが搭載されており、ここにユーザーに必要な様々な情報を自動的に表示してくれる。

表示の切り替え時にしか電力を消費しないE-Inkが採用されているため、バッテリーは1ヶ月弱は持つという。

『DISPLIO』はWiFi接続、そして充電式であるため、ケーブル類が一切ない。机の上でも書棚でもキッチンでも、何処にでも目に付きやすいところに選んで置ける。そのため、頻繁に手帳やスマートフォンをチェックする必要がなくなるという便利ガジェットだ。

設定はスマートフォンから行うので、『DISPLIO』本体には操作ボタンも一切ない。

『DISPLIO』は縦にしたり横にしたり逆さにしたりすることで、4種類の表示内容を切り替えることができる。

DISPLIOが通知してくれる

では、どのような情報を表示してくれるのだろうか。

例えば、天気予報や室温、カレンダーとスケジュール、イベントの通知、現在の株価、メールの着信と未読数、現在の交通情報、Facebookのいいねやメッセージ、Twitterからの言及、リマインダーなどが表示される。また、スピーカーを内蔵しているので、アラートやメール着信を音で知らせることもできる。

DISPLIOは様々な情報を表示できる

しかも開発者向けにAPIが公開されるので、サードパーティからもっといろいろな使い方のアイデアが出てくる可能性もある。

しかし、操作ボタンがないのに、例えばTwitterのリロードなど、どうすれば良いのだろうか。

これには実に簡単な方法が用意されており、『DISPLIO』本体を“ちょん”と指先でタップしてやればよい。