IT/テック

死角なし!防御しながら飛行するボール型ドローン「GimBall」

今後は人命救助や高性能カメラを搭載予定

Flyability社は、アラブ首長国連邦がスポンサーとなって開かれたコンペティションでアワードを獲得し、100万ドルを得ている。

動画にも登場しているパトリック・デヴォーは、今回獲得した賞金で『GimBall』をさらにグレードアップさせ、人命救助に使用できるようパワフルにしたり、赤外線カメラを搭載したりといったことを考えているそうだ。

 

本体の形状を見たときは、驚いたと同時に「なるほど!」と感心してしまった。無人飛行装置が私たちの生活に少しずつ登場し始めているが、まだまだたくさんの可能性を秘めているようだ。

 

【関連記事】

※ ドローン専用のエアポート!? 配送システムが大きく変わるかも

※ ドローンの進化が止まらない!「CES2015」で注目された技術4選

※ 5分で「iPhone」1回分!スマホユーザーにこの高速充電器は必需品かも

※ 知らないと損する!初心者向け「FCVの仕組み」まとめ

※ ペットショップは動物を売らない ?保護動物を譲渡する新しい試み

【参考・画像】

※ The world’s first collision resistant drone for search and rescue – THE UAE DRONES FOR GOOD AWARD

※ Flyability.com