IT/テック

がん治療に現れた強力な新人「ゴールド・ナノチューブ」とは

薬品を運搬させる

また、レーザー・パルスの明るさを調節すれば、がんを破壊するところまではいかずに、腫瘍を画像化するためのレベルに抑えることもできるという。

画像化のためには、『マルチスペクトル光音響トモグラフィ(MSOT)』という新しい技術を使う。研究者たちはこの技術を使って、マウスの静脈に注射されたゴールド・ナノチューブを突きとめることができた。

ちなみに、これが生体に適用されたゴールド・ナノチューブの最初の例だという。なお、ゴールド・ナノチューブは生体に害を及ぼすほど体内に長居はせず、排泄されたということも確認されている。

以上はゴールド・ナノチューブが赤外線を吸収する特性を利用したものだが、もうひとつ、ゴールド・ナノチューブは中が空洞なので、そこに薬品を入れて患部まで運ぶという使い方もできる可能性がある。そうすれば抗がん剤の副作用を最小限にして、がん細胞周辺にだけ効かせるということが可能になるかもしれない。

現時点では、このゴールド・ナノチューブを使ったがん治療はまだまだ試験段階だが、今後臨床試験に向けて進んでいくことになる。

 

がんと診断されたときのショックは相当なものだが、現代においては、早期発見できれば治るがんも多い。そして、現在はがんの新しい治療法が次々と研究されている。近い将来がんは現在よりももっと治せる病気になっていきそうだ。

 

【関連記事】

※ HIV検査がスマホでわずか15分?このデバイスは医療の革命か

※ 高血圧に速攻で効く!? 血管に「小型装置」を埋め込んでしまうとは

※ 3Dプリンターの精巧な心臓レプリカが子供の命を救う

※ 「インフラ整備と水素社会の展望」トヨタFCV開発者インタビューvol.4

※ 仮想現実はPCからやってくる!? 直感的に操作できる3Dモニター

【参考・画像】

※ UNIVERSITY OF LEEDS

※ 住商ファーマインターナショナル株式会社