IT/テック

自宅で本格的な診断ができるデジタルヘルスケア「CliniCloud」

今後の課題は医師のサポート

と、ここまで紹介してきたが、残念ながら『Doctor On Demand』のサービスは米国のみで提供されている。

この手のサービスが日本でも開始されるとかなり便利になり、少しは小児科の混み具合も緩和されるのではないかと思える。

今後も自宅でのヘルスケアをサポートする製品が多く出てくるだろうが、やはり専門家の診断やアドバイスが必要な時はある。この辺りをいかにサポートできるかが、今後の課題となるだろう。

 

【関連記事】

※ 近づけるだけで体温がわかる!スマホに挿して使う「Y字」温度計 

※ 家族を見分ける!スマホと連動するセキュリティカメラ

※ 幽霊を本気でキャッチしたい人のための「際物ガジェット」

※ これは農業革命かも!電源なしで土壌をモニタリングするセンサー

※ 血糖値は「タトゥーシール」で計測すると楽になる

【参考・画像】

※ ヘルスケアをご自宅で – CliniCloud