IT/テック

おまえ、シベリアかもよ?自分の「ルーツ」がわかる遺伝子検査

本格的に検査するメニューも提供

『ディスカバリー』は9,800円だが、もっと遺伝的な症例リスクを調べたいときは、『ヘルスケア lite』(19,800円)、『ヘルスケア』(29,800円)を使えばよい。

『ヘルスケア lite』は病気(3大疾病であるがん、心筋梗塞、脳梗塞)と体質(長生き、肥満、肌質)など体質に関わる100の項目を検査。また、『ヘルスケア』は病気や体質に関わる280項目から検査することができる。

自宅にキットが届いたら唾液を採取し、同意書とともに送ることで、2~3週間後に検査結果が届く。出てきた結果をもとに専門医が習慣を改善するためのアドバイスや、管理士による食事レシピの提供などが行われる。

 

自分の遺伝的な部分がわかることによって、様々な覚悟ができるようになる。覚悟をすることによって人は受け入れる心を持ち、あるいは立ち向かうための勇気をもつことだろう。

遺伝子を調べることは、次の一歩を踏み出すための一手なのである。

 

【関連記事】

なぜ彼らはこぞって遺伝子検査サービスを始めるのか

遺伝子検査への認知度が100%に達し普及へ弾み

※ こんな名前でも笑っちゃいけないGoogleの人工知能「DQN」

ヒトの全遺伝子情報はもう90分で分析でき、病気治療に役立てられる時代になっている

性格が知りたいなら遺伝子分析すればいいじゃない

【参考・画像】

MYCODE