IT/テック

盲目男性が10年ぶりに妻の顔を見れた「魔法のサングラス」

“人工の眼”装着者は全米で15人目

センサーを埋め込む手術は、前述の通り、2月上旬に地元メイヨー・クリニックで行い、無事成功。装置をつけて、初めて家族と会ったのが下の動画だ。

10年ぶりに見た奥さんの顔は、ぼんやりと輪郭が見える程度だったそうだが、それでもやはり大喜び。

孫たちも、一番年長の子の顔は覚えている。彼が生まれた頃はまだ見えていたからね。でも、他の子たちの顔はまだ見たことがなかったんだ。みんなの顔が見られて本当にうれしいよ

アレン・ズデラートさんは、アメリカで15人目、ミネソタ州では初の“人工の眼”装着者となった。

「自分の眼で愛する家族を見たい」。これは誰もが望む普通の願いだ。それを障害者でも叶えられるという意味では、このニュースは科学やテクノロジーの力が、いい方向に及んだ好例のひとつだろう。

 

装置を開発したSecond Sight社はヨーロッパなどにも支社がある。今後も、欧米での装着者は増えていくことは間違いない。

 

【関連記事】

※ 「目」代行アプリ!? スマホがあれば視覚障害者をサポートできる

※ 360度カメラで家を守り、リモコンにもスピーカーにもなるお洒落な球体

※ 「目」で聴くって!? 危険な音を視覚化してくれるアプリ

※ 自分自身の「目」で位置を把握するドローン

※ 次世代自動車FCV、トヨタとホンダでここが違う

【参考・画像】

※ Second Sight