IT/テック

タッチIDよりずっと便利!「見るだけで解除」のスマホが年内に製品化

虹彩認証装置の小型化技術

スマートフォンのロックを解除しようと思ったら、手袋をはめていた、手が濡れていたなど、不便に思うときもある。しかし、スマートフォンの画面を見るだけでロックが解除されたり、インターネット上でのログインが可能になったりすれば、これは大変便利な機能だろう。

富士通が発表したのは、虹彩認証をスマートフォンに搭載した試作機開発だ。

虹彩にはシワがあるのだが、このパターンが人により異なるため、いわば“目の指紋”のような特徴を持っている。この虹彩のシワのパターンを認証することで、スマートフォンがユーザーを識別できるようになる。

ただ、これまで虹彩認証の装置はサイズの制約からスマートフォンへの搭載は困難だったが、富士通は小型の赤外線LED照明と赤外線カメラを開発することで、この問題をクリアした。

画面を見るだけでロック解除

また、もう一つ虹彩認証システムでネックになっていたのが、目と赤外線カメラの距離だった。従来製品では、目と赤外線カメラを10cm程度に近づける必要があったが、認証エンジンにDelta ID社の『ActiveIRIS』を採用することで、通常でスマートフォンを使用する際の目と赤外線カメラの距離でも認証が可能になった。

虹彩認証の概要

もちろん。赤外線LEDによる目の安全性についても、光生物学的安全性試験(IEC 62471)を実施することで十分に確保しているという。

虹彩は、その中の平滑筋の作用によって瞳孔のサイズを調整している。この虹彩のシワのパターンは、2歳以降はほとんど変化しないのだという。また、虹彩は外傷も受けにくいため、偽造も困難だ。