IT/テック

タッチIDよりずっと便利!「見るだけで解除」のスマホが年内に製品化

あらゆるセキュリティーに虹彩認証が採用されるかも

富士通は、虹彩認証システムを搭載したスマートフォンを、2015年中に製品化したい意向だ。また、今回開発した虹彩認証技術を、タブレットなど様々な端末への応用を予定している。スマートデバイス以外のセキュリティーにも応用していくだろう。

そういえば、映画『マイノリティ・リポート』では犯罪予防局の刑事ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)が手術で眼球を取り替えることで別人になりすまし、様々な虹彩認証をかいくぐるシーンがある。また、映画『天使と悪魔』でも関係者を殺害して眼球を取り出し、その眼球を使って虹彩認証セキュリティーを解除して研究施設に忍び込む人物が登場した。

これらの映画で見られたような、あらゆる場面で虹彩認証する環境が現実味を増してきた。

 

【関連記事】

※ 暗証番号を間違えたら最後…自壊プログラム付きの「TOSHIBA」 USB

※ これは欲しいぞ!腕がスマホの画面になる

※ スマホのデータを服で守る!? 「スキミングブロック」が可能なジーンズ

※ 「色収差なし」極薄フラットレンズがカメラの常識を崩壊させる!?

※ スマホのデータを服で守る!? 「スキミングブロック」が可能なジーンズ

【参考・画像】

※ 虹彩認証搭載スマートフォンの試作機を開発 – 富士通