IT/テック

理研のクマ型ロボット!? 「ROBEAR」がヘルパー不足を解決するか

人に優しく接触できるロボット

『ROBEAR』は、まだ見た目が垢抜けないロボットで、余り似てはいないが“熊”をイメージした外観を持っているため、この名前が付いているようだ。

ROBEAR_正面

しかし、『ROBEAR』を見た目で判断してはいけない。『ROBEAR』は被介護者を優しく抱え上げ、ベッドから車椅子に移動する手伝いを行ったり、立ち上がる動作を手伝ったりすることができる。

特徴は、人に優しい接し方で力を出せることだ。最大80キロまで持ち上げることができる。

実は理研ではこれまでも介護用ロボットを開発してきており、2009年には『RIBA』、2011年には『RIBA-II』を発表してきた。しかし今回の『ROBEAR』は、とにかく人に優しく接する機能が重視された第3世代の介護ロボットとなっている。

立ち上がる補助

この優しさは、アクチュエーターユニットの開発が肝だった。アクチュエーターユニットとは、モーターやギヤ、モータードライバといった駆動系と、制御・通信用のモジュールを一体化させたものだ。

この技術を向上させることで、非常になめらかで優しい動きを可能にしている。つまり、人に接触した際に、外界から加わった力が駆動系にフィードバックされ、動きに優しさを与えているのだという。

アクチュエーターユニット

特に『ROBEAR』の皮膚となるゴム製の触覚センサー“スマートラバーセンサー”は、接触している人から返ってくる力の変化を検知しながら駆動系の調整を行ってくれる。

この機能によって、『ROBEAR』は人を優しく抱き上げたり、立とうとしている人を優しく支えたりすることができる。

お姫様だっこ