IT/テック

富士通が高齢者の「異常」を早期発見するシステムを開発

膨大なデータの中から有用な“機能不全”の兆候を抽出

そうしたなか同社は今回、高齢者の歩行やドアの開閉などの動作の特徴からバランスを崩すなどの異常を検出する技術を開発した。

Fjitsu_KIDUKU_Project

各センサーから得られる膨大なデータから医療従事者にとって意味のある機能異常などの健康リスクに関係するデータを抽出するのは容易でなく、また個人ごとの状態に応じた判定が困難だったという。

今回、同社が開発した技術は大きく分けて以下の2つ。

(1)各個人の状態に合わせて基準値を設定、動作の特徴を数値化。

(2)連続した異なる動作や同時に行う動作で起きる機能不全を抽出。

これらのデータを繰り返し抽出することで、これまで医療従事者が気づかなかった新たな運動機能不全の事象を発見することが可能になるそうだ。

Fjitsu_KIDUKU_Project

同社によれば、「各人が自身の健康等の状態変化に“気付く”ことが、行動の変化や新たな支援サービスの提供に繋がる」という。

『KIDUKU』には“築く”、“気付く”の思いが込められており、高齢者や患者に気付きを与えると共に、サービスを提供する知識基盤やそれを用いた実社会で役立つ高齢者ソリューションを築くことを目標にしている。

Fjitsu_KIDUKU_Project

富士通研究所では2017年度中の実用化を目指しており、アイルランドでの実証プロジェクトを通じて、将来的には自宅や施設等において個人別リスク行動の提言や医療従事者向けの業務支援など様々なサービスへの適用を目指すとしている。

 

【関連記事】

※ 音より光?太陽のような目覚まし時計「inti」で快適に目覚めよう

※ 360度カメラで家を守り、リモコンにもスピーカーにもなるお洒落な球体

※ アップルが電力事業に進出?「太陽光発電」に8.5億ドルの投資を表明

※ 人をダメにするソファを「もっとダメにする」最終形アプリ

※ iPhoneがコンデジを超える?「本気カメラ」になってしまうケース

【参考・画像】

スマートハウスの様々なセンサーで患者の隠れた運動機能異常を早期発見する技術を開発 – 富士通