IT/テック

モーションセンサーやOBD接続で「レー探」が大きく進化している

『OBD』端子の活用で車両情報を表示

主流となっているのは、近年のほとんどのクルマに装備されているOBD端子から車両情報を取出して多彩な情報を表示可能にした製品。OBDとは、On-Board Diagnosticsの略で、車載式故障診断システムを指す。

故障等で車両を整備工場に入庫すると、このOBDに診断機器を接続して不具合情報を読み出すことにより、故障箇所を特定することができる。

OBDⅡ

もちろん、国内市場の4割を占めるまでになった軽自動車にも標準装備されており、故障時に使用するだけでは勿体ないということで活用が進むようになった。

専用アダプターでOBD端子に接続するだけで電源を確保できると共に、軽自動車などで非装備のケースが多いタコメーターやエンジン水温計などをレー探の画面上に表示することができる。

Yupiteru