IT/テック

【ドローン総まとめ】スピード型、変形型、水陸両用型、ボール型…どれがイイ?

時速100kmの高速飛行型

速度を兼ね備えたドローンはこちら、『X PlusOne』。垂直離着陸する場合には4つのローターを通常のクワッドコプターのように利用するが、ひとたび浮上して水平飛行に移ると、飛行機のように高速に飛び回ることが可能だ。その最高速度は100km/hといわれている。

32a22ca3b00aa249fb93573f9a4325ec_large-690x493

 

空中で“トランスフォーム”するVTOL型

前述の『X PlusOne』は離陸後水平飛行することで高速飛行を可能としたが、このVTOL(垂直離着陸機)ドローン『SkyProwler』は逆に飛行機にクワッドコプターのようなリフト用プロペラを装着することでVTOLを可能とした。このリフト用プロペラとランディングギアは浮上後には機体内に格納でき、飛行時の空気抵抗を減らすことで効率のよい飛行が可能だ。

SkyPower-690x385

 

ドローンを超える空撮が可能な“気球凧”型

クワッドコプターの弱点は、その浮上力をすべてモーターの回転力に依存している点で、そのため飛行時間に制約がでてしまう。ただ浮くだけなら別にモーターではなく、昔からある気球、飛行船という形も有効だ。

そんな発想から生まれたのがヘリウム気球と凧を合体させた『Helikite』である。『Helikite』ではマルチコプターが不得意な強風下でも飛行が可能で、また墜落のリスクが少なく安全性も高い。

Helikite01-690x641

 

防御しながら飛行するボール型

飛んでいるから墜落する、ならばそもそも墜落しても問題ない形状にすればいいじゃないか、という逆転の発想のボール型ドローン『GimBall』。二重反転プロペラを装備し、周囲をゲージで囲ったまるでサッカーボールのような形状で、どんな障害物にぶつかっても平気。狭い室内や入り組んだ通路でも使用可能なのが特徴だ。

Gimball-690x408

マリンスポーツも撮影できる完全防水型

ドローンの墜落のなかでもっとも気になるのが水没。水の上での撮影は通常の墜落リスクに加え、沈没による機体ロストや電子機器のショートにより“撮影したデータ”をも失ってしまうリスクが高いもの。

それならば完全防水にしてしまえばいいだろう、と登場したのが『Splash Drone』である。『Splash Drone』であれば水上から離水でき、水辺やマリンスポーツの撮影を安心して行うことが可能だ。

SplashDrone-690x426

 

超音波センサーで位置を把握できるホバリング型

ドローンの正確なホバリング、これはGPSの精度のたまもの。しかしGPSが使えない室内では、その特長を生かすことができないのが課題であった。『eXom』はGPSだけではなく、超音波センサーとビデオカメラによる画像解析から位置を正確に把握することが可能。つまりGPSが届かない室内であっても、ドローンの美点である正確にホバリングすることを実現した。

eXom1-690x392

 

いかがであっただろうか。ドローンのテクノロジーは日進月歩であり、今後もさらに様々な特徴をもったドローンが出現しそうだ。引き続き注視していきたい。

 

【関連記事】

時速100kmの驚きの飛行スピード!垂直離着陸も可能なドローン

空中で「トランスフォーム」するVTOLドローンなんて欲しすぎる!

※ この「気球凧」を使えばドローンを超える空撮も可能!?

※ 死角なし!防御しながら飛行するボール型ドローン「GimBall」

※ 水を恐れない「Splash」ドローン!これでマリンスポーツも撮影できる

【参考・画像】

X PlusOne – Kickstarter

※ Krossblade SkyProwler Multi-Mission VTOL Transformer Drone -Kickstarter

※ Helikite – ALLSOPP HELIKITES

※ Flyability.com

※ Splash Drone a Waterproof Drone with Autonomous Features by Alex Rodriguez – Kickstarter