IT/テック

子供にプログラミングを楽しく学ばせる知育ロボット「little robot friend」

はんだ付けとプログラミングを学ぶ

このロボットを作るのには、はんだ付けが必要だ。はんだゴテを加熱し、はんだを溶かして抵抗や電子部品を接続させる。火傷に注意しなければならないし、‘‘いもはんだ’’や‘‘天ぷらはんだ’’にならないよう、綺麗な合金を作れるように練習する必要がある。そう、はんだ付けには技術がいるのだ。上手く作れて正常に動作するようになったら、プログラミングも可能だ。

little robot friends

『Arduino IDE』を使ってプログラミングすることで、自分オリジナルのロボットにカスタマイズすることができる。スターウォーズやハッピーバースデーのうたを歌うことも可能だ。

 

子供だけではなく、大人たちも入門用として、楽しく電子工作とプログラミングを学べそうだ。MAKERムーブメントに乗りたいけれど、なかなかとっつきにくい、という人はチェックしてはいかがだろうか。

 

【関連記事】

※ これ飼ってプログラミングの勉強したい!と思わせる虫型「知育」ロボット

※ ペンで描いた場所がセンサー化?血糖値や有害物質を計測するバイオインク

※ クラウドファンディングで村民募集?「年貢」が村の概念をひっくり返す

※ ナミダは操れる!ドライアイから解放してくれる涙腺インプラント

※ トヨタの人が打ち明けるプリウスPHVの「意外な落とし穴」Vol.3

【参考・画像】

littlerobotfriends – Aesthetec Studio