IT/テック

待ったなし!気候変動が加速していることを示す研究結果が公開

40年スパンのデータを利用

研究では40年という1世紀よりも短いスパンで区切ったデータを用いて気温の推移を分析。全体的に見て、温室効果ガスの増加によって地球が温暖化傾向にあるというのが専門家の一般的な見解だが、上昇ペースは長期間一定ではない。

この点に短いスパンの分析が求められる理由がある。自然界の気温変化はこれまでも研究されてきたものの、気温がどのように急速に変化するかはあまり理解されてこなかったということだ。

 

自然現象として起こる幅以上の変化率

スミス氏らは分析にあたり、世界各国の気候モデルを比較する『気候モデル相互比較プロジェクト(Coupled Model Intercomparison Project : CMIP)』という枠組みを採用。世界各国の研究機関が登録した、地球の気候を再現し変化をシミュレーションする数理モデル『全球気候モデル(Global Climate Model : GCM)』の結果を相互比較する枠組みで、信頼性が高い手法として知られている。

気候変動 気温上昇 ペース

研究チームはまず、記録を取り始めた1850年から1930年のあいだの急速な気温変化を計算し、氷床コアや木の年輪といった自然情報から再現された過去2,000年間と比較した。この時期は地球の平均気温の上昇があまり見られず、自然の変化によるわずかなものだったという。北アメリカとヨーロッパでは変化率が10年あたり0.2度程度上下していたが、この数字は自然からの再現データとも近くなっている。

いっぽう、1971年から2020年では、同地域で10年あたり約0.3度の変化率だったことが判明したが、これは自然変動で計算される率を上回っている。CMIPモデルは、現在地球上の大部分の地域が自然によってもたらされる以上の変化率だということを示しているのだ。研究チームはさらに、気温の変化率が将来の温室効果ガス排出のシナリオにどのように影響を受けるかも調査。次の40年では、すべてのケースで気候変動が加速するという結果が出たということだ。

 

今回の結果は、人間の排出する温室効果ガスが温暖化に影響していることを明示している。急速な気候変動が地球や人間に与える影響については、専門家の間でも明確な意見の一致をみていないが、今後私たちひとりひとりが主体的に考える必要のあるテーマではないだろうか。

 

【関連記事】

※ なぜミドリムシは「炭素循環社会」に必要不可欠なのか?

※ 日本がすべきことは?NASAが2014年の平均気温が「史上最高」と発表

※ タッチIDよりずっと便利!「見るだけで解除」のスマホが年内に製品化

※ 明るさをユーザーごとに最適化してくれる「知覚認識」照明システム

※ アジア3か国だけで約半分!? 世界のゴミ海洋投棄量が深刻化

【参考・画像】

The climate is starting to change faster – PNNL

治水への影響と適応に関する研究 – nilim