IT/テック

小惑星をアプリで発見!NASAが開発した「Asteroid Grand Challenge」

自分が撮影した天体写真を分析できる

このアルゴリズムを搭載したソフトウェアは無償でダウンロードでき、基本的にどんなPCでも使うことができる。一般の天文愛好家は、自分で撮った写真をこのソフトウェアで分析することができる。ソフトウェアは、その小惑星がすでに記録されているものなのか、新しい天体の発見を認定してくれる『Minor Planet Center(小惑星センター)』に報告したほうがいいものなのか、を判定してくれる。

このプロジェクトによって、小惑星センターは地球に近い天体の特定や特徴づけを、より強化したいと思っている。また、地球にとって危険な小惑星を探し出したり、将来の探査のために宇宙ロケットを使って軌道修正させて月の安定軌道に乗せることができるような小惑星を探したり、という作業も含んでいる。

こんなプロジェクトがあれば、既存の天文愛好家だけでなく、あらたに興味を持つひとも増えるのではないだろうか。いまから天体写真が撮れるような望遠鏡を買って、星空の観察をしてみてもいい。小惑星の発見にかぎらず、天体観察は楽しいものだから。

 

【関連記事】

※ ドライアイスがエネルギー源?「ライデンフロスト・エンジン」が火星調査を変える

※ NASAが開発した「痩せるベスト」は意外にもローテク!?

※ 知らないと損する!初心者向け「FCVの仕組み」まとめ

※ 建築トレンドは「リサイクル」か?コンテナを利用した橋が斬新すぎる

※ 次世代自動車の本命はPHVなのか?

【参考・画像】

※ NASA Asteroid Grand Challenge – topcoder

※ New Desktop Application Has Potential to Increase Asteroid Detection, Now Available to Public – NASA